淡いりんご色のひつじ雲

移転しました。引き続き俳優さんやら本のことをだらだら書いています。 07/12/31

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Blog Pet

TYPING BLOCK

舞妓Haaaan!!! おみくじ

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

2008.03.03 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

移転のお知らせ

2007.12.31 Monday 23:38

この忙しい年末に、のんびりブログ移転してました。


来年もよろしくしてくれはる方は、こちらからどうぞー。

http://321equal.blog98.fc2.com/

| まさぴよ | - | comments(11) | - |

ドラマのはなし。

2007.12.22 Saturday 15:10

今期ドラマがぞくぞくと最終回を迎えてますね。


医龍がすんばらしかったです!
あれはドラマにしかできないエンターテイメントでしたね。
どこが、というより全部良かった。

外山先生役の高橋一生さんをこの作品で知れて良かったなーと思います。
この人が外山先生でよかった。外山先生みたいな人間がすごく好きです。


次のドラマはとりあえず「鹿男あをによし」が楽しみです。
原作がおもしろかったから、映像で違った角度からもう一度楽しめたらいいなあ。
キャストも良いので期待大。

くらのすけさんはかりんとう食べてた先生役でしょうか…。
多部ちゃんが堀田?
玉木宏は千秋先輩のイメージがまだ残ってます。
綾瀬はるかがマドンナ先生ですよね。イメージぴったり!

話題のドラマになりそう。


ハチクロは…。

成宮くんが森田さんなんてできるかー!
まあでも、あっと言わせてくれるかも、って期待もなくはないですが。
柏原崇も大好きだけど、彼は野宮ではない。
修ちゃん役の村上淳さんはプロフィール写真見た感じアリだけど、どうなんでしょ。

まあ漫画とは別物だと思えばいいんですけどね。


以上、ぐだぐだのつぶやきでした。

| まさぴよ | 大したことない内容・分量 | comments(0) | - |

「イエスタデイをうたって」をうたって

2007.12.22 Saturday 14:12

さてさて今年もあと10日あるかないかです。

もうすでに「受験生としての心構えを持ちなさい!」と学校からガミガミ言われている府立高校の2年生には、クリスマスや大晦日やお正月はちょっとしか関係ありません。
ちょっとは楽しみますよ、そりゃ。

けどクリスマスに合宿はないですよね…。
なぜわざわざ世間が浮かれてる間に勉強させようとするのかわけわかりません。
せめて1日ずらしてよ!って今でも思います。

だって、1日ずらしてくれたら、劇ラジのクリスマスパーティ行けるんですよ!
全然パーティじゃなさそうなパーティに!(笑)
ちょっと悔しいなあー。近くにいるのに行けないから、余計。


そんなもやもやした気持ちも本谷有希子を読んだら一瞬で吹っ飛びました。
今まで名前と評判は何回も聞いてたけど、触れるのは初めて。

「江利子と絶対 本谷有希子文学大全集」を読みました。
究極、って言葉の意味がそこにはありました。
その上でエンターテイメントでした。
いや、エンターテイメントってのはもともとこういうものかもしれないです。
今まで知ってたものが全部くすんでしまうくらい、異彩を放ってる作品だと思います。

今度は舞台を見てみたい。
松田さんは今やってるやつ見に行かはったみたいですね。いいなー。


最近はmooolsをずっと聴いてます。
「火星の倉庫」のエンディングの曲を歌ってるひとたちです。
こないだベスト的なCDが出ました。
30曲で3000円しません。
かなりオススメです。

言葉がメロディにのっかると新しい見え方が出てくるんですよ。
絶対、今まで見たことない世界があります。
だって「イルミネーション依存症」なんですよ!
「めまいセロハンごし」ですよ!
上田さんもモールス好きらしいです。


では、そろそろ合宿の準備します。

| まさぴよ | ヨーロッパ企画 | comments(0) | - |

冬なのにサマー

2007.12.19 Wednesday 20:30

「火星の倉庫」京都公演で偶然会った学校の先生と、ヨロキカ話をちょこっとしました。

顧問の先生なのでまたしゃべる機会ありそうなので楽しみです。
部活の話からヨロキカの話になったとたん、お互い嬉々としてしゃべってた気がする!


ところで。

冬のサマータイムマシンブルース

日程などなど発表になりましたが。
どれに行くか迷う!

2005年のはDVDで何度も見たので、2003年のに行く、ってとこまでは決めました。
加藤さんと2003年ver.が同じ日なら迷わなかったのに!

2003年ver.の方をじっくり考えてみると。

特集で選ぶなら、座談会ぽいコメディ特集。
ゲストで選ぶなら、かせきさいだあ≡さん。
けど黒木さんの映画をまとめて見る機会も今後ないかもしれないし…。

考えるほど悩む!(笑)


けど悩んでたらカウントダウンと同じく売り切れるかもしれないですからね。
早く決めないと!

| まさぴよ | ヨーロッパ企画 | comments(0) | - |

男の俳句!!!

2007.12.16 Sunday 22:39

男の俳句が思い付かないなー。
できたらうまいのをばーんと送りたい。

まだ黒木さんのことも黒木さんの言う"男"のこともよく知らないから、まずはそっからかもしれない。


あと、ずっと考えてるRADIO SCRAPの乙女チックポエムも、入れたいフレーズをちょこちょこ書き留めたくらいで、まだまだなんだよなあ。


ってことで昨日は俳句やポエムに悩んだり、昨日あった事を思い出したり、自分の言ったことを考え直したりして、なかなか寝つけなかった。


昨日だれにも言わなかったし、思ってることを表に出そうともしてなかったけど、何かをつくってる人ってやっぱすごい。

もっと言うと人間ってすごいなあ、になってしまうんだけど(笑)


例えば永野さん。
勝手に親近感を持ってしまったのは、わたしも頑張りすぎて溜め込んでしまってだめになりがちだからなんだけど、わたしと違うのは、壁を越えたらそのまま前に進みそうなところで、そういう人ってすごいなと思う。


普段はすましていても根底には不安と焦燥がこびりついてそう、というのがわたしの加藤さん(ロボピッチャー・SCRAP編集長)の印象なんだけど、加藤さんは経験とセンスでうまく万事をこなしてる気がして、そういう人もすごいなと思う。

つくることにはエネルギーが必要で、何か自分が思うことを持ってないとやっていけない。そういう意味で、つくるってすごいと思う。


うーん、言いたかったことはこのことだったような、そうじゃなかったような…。

もっと話したいなあ。
誰とでも。


加藤さんに会いたいな。
SCRAPのイベント、頑張ったら行けるけどまだ悩む。ほんまにくるりの岸田さんがどれかに来るんやったら答えはひとつやけど(笑)


あ、もうこのへんで、おやすみなさい。

| まさぴよ | 大したことない内容・分量 | comments(0) | - |

アート3兄弟のフォトラリー

2007.12.16 Sunday 17:44

先日は泉佐野で開かれたアートイベントのひとつ、映像ショウに行ってきました!

早めについてフォトラリーのポイントに選ばれていた場所にも何箇所か案内してもらいながら泉佐野市を歩いたんですが、なんとも面白い街でした。
駅の東側はわりと近代的で、西側は新しいなかに古い空気が漂ってた印象。

西側は「駅前通り」なのに、突然パチンコ屋があったり、なんとなーく鉄コン筋クリートの雰囲気がしなくもない感じ。鉄筋のあの街とは正反対でめちゃくちゃ平和そうでしたが。

ちょっと進むと溝端書店という素敵すぎる本屋さんがあります。
本屋なのに石油ストーブで、
泉佐野市の小中学校の教科書が買えて、参考書もずらりと並んでいて、
韓国ドラマの雑誌のバックナンバーが置いてあって、
でも各雑誌は種類は豊富だけど1,2冊しかなくて棚が底上げされていて、
漫画が1巻から最新刊まで全部カバーがなくて立ち読みできる状態で、
カウンターに座っているおじいちゃんが可愛らしい本屋さん。
5時に閉まってたのがちょっと残念。(日曜だから?)

他にも商店街のお店にいろいろツッコミを入れながら、6時前に会場のふるさと町家館に到着、見学。和室しかないのでふすまの向こうが控え室、なんてドキドキのシチュエーション。


そしてイベント開始。
第1部は映像ショウ。

まずはダイクマコトさんのデジタル絵説法から。
デジタル絵説法というのはパソコン版紙芝居みたいなものでした。パソコンで写真を加工したりしていてデジタルなんですが、紙芝居らしく語りも面白かったです。もちろん写真というのはフォトラリーの写真。石が並んでるだけに見えるあの現代アートは謎でした。


つづいてヨーロッパ企画。
パリから帰国したアート三兄弟(上から酒井さん、諏訪さん、本多さん)がフォトラリーに参加して、その写真と映像を司会の石田さんと紹介するという設定の出し物。

男シリーズ、本多さん=地元の政治家さん=「海に生きる」の銅像の人、林パ→(林)゜、などなどフォトラリーの対象でないものにも目をつけ、『アートです!』と言い切っておもしろおかしく紹介してはりました。

ちなみにアート三兄弟はそれぞれコートぽいものをはおって帽子をかぶって、アートっぽさを演出してました。本多さんのベレー帽がかわいすぎ。


休憩を挟んで第2部はパーティ!
いろんな文化人の方が集まっていたので、名前と肩書きを書いたシールを貼って、お互い自己紹介しながら交流しよう!というものでした。

わたしは大人の中に入ってくのが好きで、ご飯も商店街の人たちの協力でいろんな美味しいものがあったし、大人の方々はお酒も飲んではったりで、かなり楽しい時間でした!

今回ヨーロッパからは映像ショウにも出たメンバーの4人と、学生チームから淳太くん松田さん大歳さん、スタッフさんからお二人(柏さんではない男性たち)が参加。

学校のこと、ギターのこと、火星の倉庫のこと、ヨーロッパメンバーのこと、泉佐野のこと、演劇のこと、いろいろお話しました。特に諏訪さん(風邪なのに!)、酒井さん。

石田さん諏訪さん酒井さんとは魚の被り物を装着して記念撮影してもらいました(笑)普段なら頼めないけど、このときはノリで(笑)

SSMFやソリ松でしか知らないけどめちゃくちゃ好き(というか好みの人)の松田さんには何度か目が合ったものの、話しかけられず…。近くで見てもかっこよかったです。そして細い。

最後に主催のボルボックスアート団・団長が泉佐野のすばらしさと今後のイベントの計画などを話されて、お開きでした。

街並、というか家を見るのが好きなので、変わった家がたくさん見れて幸せでした。
また行きたいなあ、泉佐野。
高速で帰るときに見えた、工場地帯の照明はそこらのイルミネーションよりもきれいでした。前に松田さんがブログで紹介してた「工場萌え」という写真集?のような感じ。お昼はコンテナが火星の倉庫っぽくて、それも興奮した。


というわけで、楽しい1日でした!

| まさぴよ | ヨーロッパ企画 | comments(0) | - |
<<new | top | old>>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

SPONSORED